フォーマルドレスやゲストドレスならレンタルがお得です

ウーマン

ゲストとしてのタブー

レディー

結婚式のゲストドレスには、多くのタブーがあります。把握していないと白い目で見られてしまう恐れがありますので、気をつけましょう。まず前提として、結婚式のゲストドレスは、「お祝いする場であること」「あくまで主役は花嫁」であることを意識して選ぶ必要があります。そのため、露出の高い服装や体のラインがはっきり出る衣装、花嫁とかぶる白いゲストドレスはタブーに当たります。露出の高い服はそれだけで視線を集めます。とくに女性から見ると「はしたない」と考えている人も多くいます。若くても丈の短すぎるゲストドレスは遠慮しましょう。年齢層の広い結婚式において予期せぬレッテルを貼られかねません。また、お呼ばれしたゲストとして、主役が恥ずかしい思いをしたりする行動は慎むべきでしょう。結婚式には、花嫁とかぶる白やシャンパンホワイト、オフホワイト、クリーム色などの白っぽい色は避けましょう。上半身だけでも、写真に映るときには上半身しか見えないこともあります。無難に避けるのが重要です。ゲストドレスのタブーとしては地味すぎるのもバツです。黒ストッキング、黒いハイヒールやパンプス羽織ものも黒などでしめるとお葬式を連想するので黒一色、ブラックパールやパールをそれに合わせるのは遠慮しましょう。ストッキングはベージュなど明るい色を合わせるのが結婚式でのゲストドレスとしては正解です。殺生をイメージさせるファーとワニ皮などのレザーもやめておきましょう。